マンダとガモスとナットレイと

嫁が多ければ誰かは使えるZE(´・ω・`)b

STABmons構築晒し

なんやかんや全然STABmonsには潜れていませんが、このまま放置するのもどうなんだという感じなので構築晒します。

 

先に言っておくとLv100よくわからないんで調整は特にやってないです(奇数厨なんでそこだけ)

 

f:id:a0089195:20170320190541g:plain

カプ・コケコ(エレキメイカー)@デンキZ

ボルテッカ―/じゃれつく/蜻蛉返り/守る

陽気 281-329(252)-206-x-187(4)-394(252)

ルールを聞いて一番最初に目を付けたポケモン。A特化ワイボ<C特化雷ですぞwwwらしいけどボルテッカ―があるんだなあ^^ じゃれつくもちゃっかり覚えてもう一つの一致技もカバー。守るの枠はもともとブレバだったがそもそもブレバ打たないし、猫神速奴の猫を守って神速耐えて殺す をしようということで採用。まあまあ強かった。

 

ヌケニン(不思議な守り)@防護パッド

蜻蛉返り/シャドークロー/毒々/守る

意地 1-306(252)-x-x-x-179(252)

粉塵(そのターン相手が炎技を使ったなら無効化した上で相手に最大HPの1/4ダメージ)とかいうそんなもんあったなーみたいな技を紹介されたものの結局守るが安定した。BSS以上にステロが蔓延してる66ルールだとヌケニンはだいぶ動きにくいが猫神速ストッパーになるのは強かった(後にその役目をヤミラミに奪われる)。持ち物は襷ラムと後何かもう一個ぐらい試した気がするがナットやゴツメランドをドヤ顔で投げられるのでこれでよかった。蜻蛉覚えたヌケニンは本当に強い。

コケコに投げるとブレバされるので気を付けよう。

 

カビゴン(食いしん坊)@Aguavの実(バンジ)

腹太鼓/神速/地震/リサイクル

腕白 524(252)-256-251(252)-x-257(4)-96

猫神速なんかより腹神速。普通に硬いので積める対面取れれば相手にカグヤとゴーストいない限り神速連打で勝てる。硬いランドは威嚇入れて一発耐えてくる。まあなんとかなる。腹太鼓はルール的に禁止だが、カビゴンはもともと覚えるのでセーフ。偉い。

 

f:id:hz1016hz:20170719232849p:plain

ゲッコウガ(絆変化)@拘り眼鏡

潮吹き/ナイトバースト/スチームバースト/水手裏剣

臆病 285-x-170-405(252)-179(4)-399(252)

(サトシンカ前はC305、S377)

潮吹きゲコつえーと思って採用。サトシンカすればガブが死ぬらしい。そのサトシンカが難しい。サトシンカすればCが跳ね上がるがしないうちは本当に火力が足りない。しかもSも若干遅くコケコに上からやられてしまう。そこで水手裏剣を導入。これがハマって削れた相手を手裏剣で始末→一旦裏に引いて後から眼鏡潮吹きで圧かけていく という動きが強かった。後出しミトム2発で持ってくのいいですね。

 

カットロトム(浮遊)@オボンの実

火炎弾/フリーズドライ/10万ボルト/霧払い

控目 303(248)-x-250-339(252)-252(8)-208

技構成の時点で疑問に思う方も多いと思う(これを読んでる方は少ないと思うが)ので予め言うと、ロトムは全フォルム分のタイプの技を覚える。つまり電霊水炎草氷飛。強い。

そんなわけで結構詰め込んだ補完チックな枠のポケモン。結構詰め込んだから過労死しそうだなと思ってオボンの実を持ってみた。フォルムが草の理由はカグヤやナットの宿り木に投げるためで、それでもナットが火炎弾を警戒して引くことはなかった。フリドラはランドとたまにミトムに刺す。ステロ撒いてヌケニン殺したと思ってる相手には霧払い。

こいつが死ぬとヌケニンが死にます。

 

メガヤミラミ

ヤミラミ(悪戯心)@ヤミラミナイト

捨てゼリフ/自己再生/鬼火/道連れ

図太 303(248)-x-383(252)-x-268(8)-76

いろいろとできそうであんまり仕事できないヤミラミヌケニンとの相性を意識したわけではなく普通に入ってきた。道連れが強く、最近はだいぶ警戒されるようになったものの無理なやつに投げて一発耐えて「後出しから受かると思ったの?w」と笑っている相手にドヤ顔する。先制道連れを残すために基本的にはメガせず戦うが、相手がサポート系統だとわかった場合にはメガする。道連れ→一発耐えちゃう→メガして後攻とることで道連れ残したまま上から倒してもらう といった動きも。

鬼火は正直いらないので要検討。捨てゼリフは優秀な対面操作技。これもメガして敢えて後攻で打つというのをよくやった。

退化できたら絶対強いよなこのポケモン

 

 

そんなわけでまた深夜のノリに身を任せて書きました。最後まで駄文にお付き合い頂きありがとうございました。